コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リッダ Ridda

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リッダ
Ridda

語義はアラビア語で,「背教」「棄教」であるが,具体的には 632年6月,イスラムの開祖ムハンマドが死ぬと,彼と個別に盟約を結んでいたアラビア半島内の諸族の多くが,ムハンマドの後継者で初代カリフ,アブー・バクルの権威を認めずに盟約を破棄して,メジナ政府から離反,あるいは事態を静観していた事実をさす。このような動静はムサイリマなど,いわゆる「偽預言者」たちの活動によって拍車がかけられ,メジナ政府の脅威となった。アブー・バクルはこれらの武力制圧に乗出し,約1年後にこれに成功し,アラビア半島全域を支配するにいたった。彼は,これら一連の戦闘によって生じた内的緊張,エネルギーのはけ口として,対外遠征を決意し,これを推進した。これがアラブの大征服の直接的原因と考えられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

リッダの関連キーワードハーリド・ブン・アルワリードロイター(通信社)リッダーホルム教会テッシン(大)ストックホルムいつか来た道Dialog5月29日ブラント日本赤軍ハバシュハーグロッド

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android