コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アブー アブー About, Edmond

3件 の用語解説(アブーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アブー
アブー
About, Edmond

[生]1828.2.14. デューズ
[没]1885.1.16. パリ
フランスの小説家,ジャーナリスト。エコール・ノルマル・シュペリュール (高等師範学校) に学ぶ。 1870年『19世紀』 Le Dix-neuvième siècle紙を創刊,共和主義の立場から論陣を張った。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

アブー(Abu)

マウントアブー

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アブー
あぶー
Abu

インド北西部、ラージャスターン州南部の避暑地。人口4万7320(2001)。アラバリ山脈の一部をなすグル・シカーム山(1722メートル)の山腹、標高1200メートルにあり、平地より気温が低く、緑に囲まれた別荘地でもある。イギリス統治時代には、ラージャスターン統治政府も一時ここに移されていた。11~14世紀に建立されたジャイナ教寺院があり、内部の大理石の細かい彫刻で名高く、巡礼者、観光客が多い。[中里亜夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アブーの関連キーワードアデューデュープデュープレックスウエーブデュアルデュアル フュージョンデューン/砂漠の救世主デューン/砂丘の子供たちデューン/砂漠の神皇帝デューン/砂漠の異端者メデューズ号の筏

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アブーの関連情報