コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アブー・バクル アブー・バクルAbū Bakr

2件 の用語解説(アブー・バクルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アブー・バクル
アブー・バクル
Abū Bakr

[生]573頃.メッカ
[没]634.8.23. メジナ
イスラム国家の初代カリフ (在位 632~634) 。メッカのクライシ族タイム家の生れ。メッカの中流の商人で,早くからイスラムに帰依し,友人としてまた熱心な信者として預言者マホメットを助け,またアラブの系図に関する該博な知識をもとに政治上の助言を与えて,信者の間で重きをなしていた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アブー・バクル
あぶーばくる
Ab Bakr
(573ころ―634)

イスラムの第1代正統カリフ(在位632~634)。メッカのクライシュ人のタイム家に生まれ、イスラム教の成立した最初期にムスリムイスラム教徒)になり、ムハンマド(マホメット)の右腕として教団国家の確立に貢献。ムハンマド亡きあとカリフに選出されるや、アラブ諸族の反乱(リッダ)を武力鎮圧し、633年イラクとシリアに諸軍団を派遣して大征服を開始した。ムハンマドの妻の1人アーイシャは彼の娘。[花田宇秋]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

アブー・バクルの関連キーワードアブーバクルアブー・バクルアブーバクル石英5増5減石英多形転移温度はり(鍼)船荷証券

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アブー・バクルの関連情報