コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アブー・バクル Abū Bakr

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アブー・バクル
Abū Bakr

[生]573頃.メッカ
[没]634.8.23. メジナ
イスラム国家の初代カリフ (在位 632~634) 。メッカのクライシ族タイム家の生れ。メッカの中流の商人で,早くからイスラムに帰依し,友人としてまた熱心な信者として預言者ムハンマドを助け,またアラブの系図に関する該博な知識をもとに政治上の助言を与えて,信者の間で重きをなしていた。ムハンマドの在世中から巡礼や礼拝の際にしばしば彼の代理の役割を果し,彼の死後カリフに選ばれた。在位期間は2年余にすぎなかったが,その間に離反したアラブ諸族を討ってアラビア半島を再統一し,半島外の征服活動にも着手して,イスラム社会の大発展の基礎をつくった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アブー・バクル
あぶーばくる
Ab Bakr
(573ころ―634)

イスラムの第1代正統カリフ(在位632~634)。メッカのクライシュ人のタイム家に生まれ、イスラム教の成立した最初期にムスリム(イスラム教徒)になり、ムハンマド(マホメット)の右腕として教団国家の確立に貢献。ムハンマド亡きあとカリフに選出されるや、アラブ諸族の反乱(リッダ)を武力鎮圧し、633年イラクとシリアに諸軍団を派遣して大征服を開始した。ムハンマドの妻の1人アーイシャは彼の娘。[花田宇秋]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

アブー・バクルの関連キーワードアブドゥッラー・イブヌッ・ズバイルムハンマド(イスラム教の創唱者)ハーリド・イブヌル・ワリードイブン・アッズバイル西アジア史(年表)アブー・ウバイダウマル[1世]中東史(年表)ファーティマスールー王国イスラム帝国スンニー派イスラム国バグダディウマル1世西アジア史アッカードムサイリマコーランザカート

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android