コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リッチオ Riccio, Domenico

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リッチオ
Riccio, Domenico

[生]1516頃
[没]1567頃
イタリアの画家。 1550年頃からベロナで活躍。洗練された明るい色彩を使用したことで知られる。主作品はトレントのサン・マルコ聖堂のフレスコ画 (1551) 。

リッチオ
Rizzio(Riccio), David

[生]1533頃.トリノ近郊
[没]1566.3.9. エディンバラ,ホリルード宮
イタリアの音楽家。 1561年サボイア公の大使に従ってスコットランドに行き,初め音楽家として女王メアリー・スチュアートの宮廷に入り,64年女王のフランス語秘書となった。女王の寵愛におごり,貴族たちをないがしろにしたため,ダーンリー卿や貴族たちの嫉妬を買い,ホリルード宮殿で暗殺された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

リッチオの関連キーワードマルティーニ(Simone Martini)ボスウェル(伯)スコットランドアドリビトゥム奇想曲・綺想曲フローベルガー悲しみの青春マルティーニグリマルディエディンバラダーンリー卿カプリッチョ記念騎馬像ロカテッリカプリチオフレスコミザールはえ座綺想曲狂想曲

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android