コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リトマス苔 リトマスゴケ

2件 の用語解説(リトマス苔の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

リトマス‐ごけ【リトマス×苔】

リトマスゴケ科の地衣類。海岸の岩上に生え、淡黄色で、樹枝状に分かれる地中海地方・西アフリカ沿岸に分布。色素は試薬になり、かつては羊毛の染色に使われた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

リトマスごけ【リトマス苔】

リトマスゴケ科の地衣植物の総称。原産地は地中海沿岸。海岸の岩や樹上に着生。樹枝状に分枝。約30種あり、うち数種はリトマス色素の原料とされる。古くは羊毛の染料ともされた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リトマス苔の関連キーワード地衣類リトマス梅の樹苔兜苔珊瑚藻花苔一重草リトマス試験紙岩茸地図苔