コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

子器 シキ

デジタル大辞泉の解説

し‐き【子器】

子嚢菌(しのうきん)類の生殖器官。子嚢胞子が形成される。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

子器
しき

地衣類の体の表面などにできる子嚢(しのう)をもった構造体。子嚢果ともいい、地衣体を構成する菌類の子実体である。大部分の地衣類はここに子嚢をつくり、その中に子嚢胞子を原則的には8個形成する。この胞子は風などにより運ばれ、藻類と共生して新しい地衣体となる。[佐藤正己]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

子器の関連キーワードトゲアナツブゴケ(棘孔粒苔)バンダイキノリ(磐梯木海苔)ツノフノリタケ(角布海苔茸)クロカワキノリ(黒皮木海苔)ウスキサナギタケ(淡黄蛹茸)ハナサナギタケ(花蛹茸)ハナホウキタケ(花箒茸)ヒロハキゴケ(広葉木苔)チャシブゴケ(茶渋苔)ヘリトリゴケ(縁取苔)コウヤクタケ(膏薬茸)フンタマカビ(糞玉黴)カワイワタケ(川岩葺)アミヒラタケ(網平茸)ウメノキゴケ(梅樹苔)ヤグラゴケ(櫓苔)チズゴケ(地図苔)ハナゴケ(花苔)キゴケ(樹苔)バシディオ胞子

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

子器の関連情報