子器(読み)シキ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

子器
しき

地衣類の体の表面などにできる子嚢(しのう)をもった構造体。子嚢果ともいい、地衣体を構成する菌類の子実体である。大部分の地衣類はここに子嚢をつくり、その中に子嚢胞子を原則的には8個形成する。この胞子は風などにより運ばれ、藻類と共生して新しい地衣体となる。[佐藤正己]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android