コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リボフ州 リボフL'vov

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リボフ〔州〕
リボフ
L'vov

ウクライナ西部の州。州都リボフ。西はポーランドと接する。南部は東カルパート山脈・山麓地帯で,ドネストル川上流域にあたり,北部はポーランドから続くロストチェ丘陵から成り,ブーグ川流域に属する。平地,丘陵は北部で森林地帯,南部で森林ステップ地帯に入る。農業が発展しており,主要部門はライムギ,コムギ,テンサイ,アマなどの栽培とウシ,ヒツジの飼育である。また石油,天然ガス,石炭,カリウム塩,硫黄に恵まれ,工業も発展していて,西ウクライナ最大の工業地帯を形成している。主要工業は機械 (フォークリフト,鍛造・プレス機,バス,モーターバイク,農業機械,テレビ,電話機,ガス器具) ,化学,印刷,木材加工,食品,繊維などの工業で,リボフを中心にドロゴブイチボリスラフなどに立地している。またウクライナの観光,保養の大中心地帯で,カルパート山麓にモルシン,トルスカベツなどの保養地がある。リボフから鉄道,ハイウェーが放射状に延びている。またダシャバ,ルドキの大天然ガス産地からパイプラインが,リボフ,キエフなどに延びている。面積2万 1800km2。人口 276万 4400 (1991推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

リボフ州の関連キーワードリボフ(ウクライナ)チェルボノグラードレンベルクドロゴビチストルイ

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android