リボフ州(読み)リボフ(英語表記)L'vov

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リボフ〔州〕
リボフ
L'vov

ウクライナ西部の州。州都リボフ。西はポーランドと接する。南部は東カルパート山脈・山麓地帯で,ドネストル川上流域にあたり,北部はポーランドから続くロストチェ丘陵から成り,ブーグ川流域に属する。平地,丘陵は北部で森林地帯,南部で森林ステップ地帯に入る。農業が発展しており,主要部門はライムギ,コムギ,テンサイ,アマなどの栽培とウシ,ヒツジの飼育である。また石油,天然ガス,石炭,カリウム塩,硫黄に恵まれ,工業も発展していて,西ウクライナ最大の工業地帯を形成している。主要工業は機械 (フォークリフト,鍛造・プレス機,バス,モーターバイク,農業機械,テレビ,電話機,ガス器具) ,化学,印刷,木材加工,食品,繊維などの工業で,リボフを中心にドロゴブイチボリスラフなどに立地している。またウクライナの観光,保養の大中心地帯で,カルパート山麓にモルシン,トルスカベツなどの保養地がある。リボフから鉄道,ハイウェーが放射状に延びている。またダシャバ,ルドキの大天然ガス産地からパイプラインが,リボフ,キエフなどに延びている。面積2万 1800km2。人口 276万 4400 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android