リポイド(英語表記)lipoid

翻訳|lipoid

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リポイド
りぽいど
lipoid

脂質(リピドlipid)に似ているという意味で、類脂質ともいい、脂肪溶剤に溶ける天然物で中性脂肪(いわゆる脂肪)以外の物質の総称として用いられ、ドイツではLipoidは複合脂質(リン脂質や糖脂質など)をさしている。現在では物質名としてはあまり用いられず、形容詞的に「リポイド様」と用い、脂肪に似た性質をさしていうことがある。また、病理学的にリポイド症(類脂質症)という場合の沈着物質は、複合脂質とコレステロールがおもなものである。[若木高善]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android