コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リポタンパク質リパーゼ

1件 の用語解説(リポタンパク質リパーゼの意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

リポタンパク質リパーゼ

 [EC3.1.1.34].リポタンパク質態のトリアシルグリセロールのエステル結合加水分解する反応を触媒するリパーゼ.末梢組織の毛細血管の管壁に存在し,血漿リポタンパク質に含まれるトリアシルグリセロールを加水分解して組織へ取り込ませる.一方,脂肪組織にはホルモン感受性リパーゼが存在し,脂肪動員にあたってホルモンの指令を受けて貯蔵されている脂肪を加水分解して生体にエネルギー源を供給する.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のリポタンパク質リパーゼの言及

【リパーゼ】より

…胃にもリパーゼが存在するが,胃液のような酸性環境の中では作用しないといわれ,エステラーゼとして区別されることがある。また,血清中のリパーゼはリポタンパク質リパーゼと呼ばれカイロミクロンや超低比重リポタンパク質(ULDL)を加水分解し,血液を透明にすることから,透明化因子とも呼ばれる。血液以外の組織のリポタンパク質リパーゼは,貯蔵された脂肪から脂肪酸を取り出す機能に関与している。…

※「リポタンパク質リパーゼ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

リポタンパク質リパーゼの関連キーワードリポ蛋白質アポタンパク質アポリポタンパク質アポリポタンパク質B欠損高密度リポタンパク質超高密度リポタンパク質低密度リポタンパク質低リポタンパク質血βリポタンパク質欠損症リポタンパク質

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone