脂肪組織(読み)しぼうそしき(英語表記)adipose tissue

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

脂肪組織
しぼうそしき
adipose tissue

結合組織の一種で全身にみられるが,特に皮下組織で発達している。主成分である脂肪細胞は,その内部に大きな脂肪塊を含み,核と原形質片隅に押しやられている球形の細胞である。脂肪組織は諸器官をやわらかく包む役割を果しているほか,栄養貯蔵し,食料補給がとだえたときなど重要なエネルギー供給源となる。また熱の不良導体であるため,体熱保存の機能も果している。外力に対して骨などの損傷を防ぐ効果もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

栄養・生化学辞典の解説

脂肪組織

 脂肪細胞が集まって形成された組織で,腎臓周囲,精巣周囲などに多く分布している.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しぼうそしき【脂肪組織 adipose tissue】

脂肪細胞が集まってできた組織で,パラフィン切片標本では包埋操作中に脂肪が有機溶媒に溶けるために明るく,ぬけて見える。それぞれの細胞の端に,圧平された核のみが認められる。脂肪細胞間には細網繊維が発達する。したがって,脂肪組織を,脂肪細胞を主とした細網組織とみなすこともできる。 脂肪組織のよく発達しているのは,皮下組織,頰脂肪体眼窩(がんか)脂肪体,腎臓の脂肪被膜,腸間膜,太い血管の外膜などである。脂肪組織の原基は一種の細網組織で,細網繊維の網眼に脂肪芽細胞(繊維芽細胞に似る)が存在する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しぼうそしき【脂肪組織】

主として脂肪細胞から成る結合組織。皮下組織・眼窠がんかや臀部でんぶの周囲などによく発達し、体の間隙の充塡、栄養物の貯蔵、諸臓器の保護、保温などのはたらきがある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しぼう‐そしき シバウ‥【脂肪組織】

〘名〙 動物体で脂肪細胞を主成分とする結合組織。ヒトでは臀部下腹部乳房などに著しく発達し、栄養の貯蔵や保温の役をする。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

高橋留美子

[1957~ ]漫画家。新潟の生まれ。少年及び青年向けの漫画を描く女流の第一人者。コメディータッチのSFやスラップスティック、現代の若者の恋愛など多様なジャンルを描き、絶大な人気を得る。代表作「うる星...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

脂肪組織の関連情報