コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リポル Ripoll

世界大百科事典 第2版の解説

リポル【Ripoll】

スペイン東部,カタルニャ地方ジローナ(ヘロナ)県の町。人口9283(1978)。ベネディクト会のリポル・サン・フアン修道院(リポル修道院,現在は遺構のみ)で知られる。この修道院は6世紀にはすでに存在していたと考えられるが,ベネディクト会の設立とは言い難い。8世紀後半のバルセロナ伯ビフレドの時代に伯王家の霊廟となり,ジローナの北アウソナ地区の再植民運動の拠点となった。11世紀前半の修道院長オリバの時代に最盛期を迎え,ブルゴスのベネディクト会シロス修道院とともにイベリア半島における文化の中心地になった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のリポルの言及

【ビフレド】より

…同時に長い間放置されていたレコンキスタ(国土回復戦争)に取り組み,後世カタルニャ人の霊場となるモンセラートなどを回復した。カタルニャ・ロマネスクの傑作,リポルのサンタ・マリア教会とサン・フアン・デ・ラス・アバデサス修道院は彼の創建による。イスラム軍とのバルセロナ攻防戦で戦死した。…

※「リポル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

リポルの関連キーワードパビア・イ・ロドリゲスサ=カルネイロスペイン映画ケイロースナシメントサバデル

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android