コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リムノカリス Limnocharis flava (L.) Buchen.

1件 の用語解説(リムノカリスの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

リムノカリス【Limnocharis flava (L.) Buchen.】

熱帯の浅い池や沼にはえるハナイ科の多年草イラスト)。株の根もとから走出茎を出す。葉は根生し,葉柄があって斜めに立ち,水面よりも上に出る。葉柄は長さ20~60cmで,断面は三角形である。葉身は広楕円形で,長さ10~20cm,幅6~15cmあり,先はとがる。熱帯では周年開花をする。花茎は長さ20~80cmあり,断面は三角形で,先に約10個の花から成る散形状の集散花序をつける。花序の基部に数個の卵形の苞葉がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

リムノカリスの関連キーワード白根ツワブキ金銀蓮花カナダ藻檀特花忍沢芹杉菜藻

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone