コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リャノス Llanos

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リャノス
Llanos

南アメリカ大陸北部,オリノコ川流域の大平原。西はアンデス山脈,東は大西洋,北はメリダ山脈によって限られ,南はギアナ山地を経てアマゾン盆地に続く。行政的にはベネズエラ領 (32万 4000km2) とコロンビア領 (25万 9000km2) に分れる。やせたラテライト土壌の平坦なサバナで,ところどころに卓状地がある。ギアナ高地に発するオリノコ本流,アンデスに発するアブレ,メタなどの大支流のほかに,多数の支流が網目状に流れる。雨季 (5~10月) には洪水に襲われ,乾季 (1~3月) には草も枯れる。人口はまばらであるが,ウシの放牧が行われ,特に北部のベネズエラ領は,同国の肉牛の3分の2を産する牧畜地帯となっているほか,農耕地の造成も進んでいる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

リャノス(Llanos)

南アメリカ北部、ベネズエラからコロンビアにまたがるオリノコ川流域の草原。サバンナ気候下にあり、放牧が行われる。リャノ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

リャノス【llanos】

〔平原の意〕
南アメリカ北部、ベネズエラとコロンビアにまたがるオリノコ川流域の熱帯草原。牛の放牧が盛ん。リャノ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リャノス
りゃのす

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のリャノスの言及

【リャノ】より

…南アメリカ北部,ベネズエラとコロンビアにまたがる大草原。リャノスともいう。面積約58万3000km2。…

※「リャノス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

リャノスの関連キーワードサンフェルナンドデアプレシウダードボリバルプエルトラクルススペイン独立戦争ポルトゥゲサ州ビヤビセンシオアンソアテギ州グアイニア州サンカルロスグアビアレ州スペイン文学グアビアレ川バリナス州コヘデス州ビチャダ州バルセロナカラボボ州モナガス州アラウカ州アカリグア

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android