コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リュウキュウコクタン Diospyros ferrea (Willd.) Bakhuizen.

世界大百科事典 第2版の解説

リュウキュウコクタン【Diospyros ferrea (Willd.) Bakhuizen.】

沖縄の低地の林中に生えるカキノキ科の常緑高木。ヤエヤマコクタンともいう。多くの小枝を分けて茂り,高さ10mほどになる。葉は倒卵形,革質で厚く,長さ3~5cm,幅1.5~2.5cm,縁に鋸歯がない。6月,新枝の葉のわきに数個の淡黄色の花をつける。雄花と雌花とがあり,花冠は鐘形で深く3裂する。花は3数性で,4数性の多くのカキノキ属のものと異なる。果実は楕円形で熟すと黄赤色となり,長さ8~12mm。沖縄本島,八重山群島に野生し,中国南部,インドシナ,インド,スリランカに広く分布する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リュウキュウコクタン
りゅうきゅうこくたん

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android