リュウゼツラン景観と古代テキーラ産業施設群(読み)リュウゼツランけいかんとこだいテキーラさんぎょうしせつぐん

世界遺産詳解の解説

リュウゼツランけいかんとこだいテキーラさんぎょうしせつぐん【リュウゼツラン景観と古代テキーラ産業施設群】

2006年に登録されたメキシコの世界遺産(文化遺産)で、同国中西部に位置するテキーラ火山とリオグランデ川の間の高原地帯に位置する。メキシコが生んだ名酒テキーラは、リュウゼツランから造られる蒸留酒である。リュウゼツランは、2000年以上前から栽培されている植物で、その絞り汁を発酵させて飲料としていた。16世紀になるとスペイン人が入植し、この発酵飲料から蒸留酒を製造するようになった。さらに18世紀になると、リュウゼツランを栽培する農園を造り、その中に蒸留所を建て、大規模にテキーラを造るようになった。登録された地域は3万4658haに及び、その中には大農園、蒸留所と工場(稼動していないものも含む)、タベルナス(かつてテキーラを密造していた施設)などが点在している。蒸留所の多くには、日干しレンガや漆喰などが用いられており、新古典主義様式やバロック様式の装飾が施されている。◇英名はAgave Landscape and Ancient Industrial Facilities of Tequila

出典 講談社世界遺産詳解について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android