コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リュトン rhyton

翻訳|rhyton

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リュトン
rhyton

古代の飲食器の一種。角製や角状の杯で,また動物の頭部をかたどり,首部にあたる部分が開口部になっている。のど部にあたる部分がそり返っていたり,有角のものは,角が柄になっていることが多い。金属・骨・陶・石・木製で,古くは前 1000年頃からあったが,特に前5世紀にギリシアに入り,ギリシア・ローマ時代に使われた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

リュトン

角杯

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

リュトン【rhyton[ギリシア]】

獣角あるいは動物の頭部をかたどった杯。垂直の単把手がつくものもある。またギリシア・ローマ時代の,人間(とくに女性)の頭部をかたどり絵付を施した陶器もリュトンと呼ぶ。獣角や動物の頭部形のリュトンには犬,狐,牡牛,馬,牡鹿,牡豚(または猪),牡羊,鷲,牡鶏,あるいは空想上の動物,たとえばグリフォンなどをかたどったものがある。飲口が広く,底が細いので,飲みほさないうちは置くことができないようになっているが,のちには台座をつけたり,置けるように形を変えたものも現れる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

リュトン【rhyton】

動物の角あるいは頭部をかたどった杯。人間の頭部をかたどったものもある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のリュトンの言及

【角杯】より

…のちには陶器,青銅,銀で模し,同時に台をつけたり,獣頭をつくったりした。ギリシア語ではリュトンrhytonといったが,それは〈獣角〉の義であった。中国では各種の杯(飲酒器)を獣角でつくったことは,杯の名称に觚(こ),觶(し),角(爵)など,角に関係した文字があるので知られる。…

【角杯】より

…のちには陶器,青銅,銀で模し,同時に台をつけたり,獣頭をつくったりした。ギリシア語ではリュトンrhytonといったが,それは〈獣角〉の義であった。中国では各種の杯(飲酒器)を獣角でつくったことは,杯の名称に觚(こ),觶(し),角(爵)など,角に関係した文字があるので知られる。…

※「リュトン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

リュトンの関連キーワードグラス(ガラス食器)アムラシュエーゲ文明ニサ遺跡SSM杯∥盃酒器

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

リュトンの関連情報