リュートを弾く若者(読み)リュートヲヒクワカモノ

デジタル大辞泉「リュートを弾く若者」の解説

リュートをひくわかもの【リュートを弾く若者】

原題、〈イタリアSuonatore di liutoカラバッジョ絵画。カンバスに油彩。縦94センチ、横119センチ。リュートを爪弾く若者物憂げな眼差しを向ける姿を、明暗を対比させて描いたもの。同時期に描かれた同じ画題の作品がいくつかあり、初期の代表作として知られる。サンクトペテルブルグエルミタージュ美術館所蔵。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラス「リュートを弾く若者」の解説

リュートを弾く若者

イタリア、バロックの画家カラバッジォの絵画(1596頃)。原題《Suonatore di liuto》。リュートを爪弾く若者が物憂げな眼差しを向ける姿を、明暗を対比させて描いたもの。カラバッジォの初期の代表作として知られる。サンクト・ペテルブルグ、エルミタージュ美術館所蔵。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

羂索

《「羂」はわなの意で、もと、鳥獣をとらえるわなのこと》5色の糸をより合わせ、一端に環、他端に独鈷杵(とっこしょ)の半形をつけた縄状のもの。衆生救済の象徴とされ、不動明王・千手観音・不空羂索観音などがこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android