リワード型広告(読み)りわーどがたこうこく

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リワード型広告
りわーどがたこうこく

成果報酬型広告。リワードrewardとは、「労働や奉仕などに対して与えられる報酬」のことである。広告を掲出したサイトを訪問した際や、広告付きのアプリやサービスを利用することにより、報酬の一部が利用者にも還元される点が特徴で、集客力の向上が期待できるとされる。たとえば、広告バナーを経由して新規会員登録が行われた場合、通常はサイト運営者のみに報酬が払われるが、リワード型広告では新規登録したユーザーにもポイントやアイテム、金銭などのインセンティブが与えられる。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android