新規(読み)しんき

精選版 日本国語大辞典「新規」の解説

しん‐き【新規】

〘名〙
① 新しく設けた規則。〔広益熟字典(1874)〕 〔白居易‐策林達聰明致理化〕
② (形動) 新しいこと。今までのものと異なること。また、そのさま。〔日葡辞書(1603‐04)〕
※政談(1727頃)二「世の風俗にて自然と新規なることを仕出し」
※瓦礫の中(1970)〈吉田健一〉二「新規に考案されたものではなく」
③ 新しい客。飲食店などで「ご新規さん」の形で使われる。
※当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉二「ご新客(シンキ)お二人さま。で御酒」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「新規」の解説

しん‐き【新規】

[名・形動]
新しく事をすること。また、そのさま。「新規に加入する」「新規採用」
「半蔵夫婦の―な生活は始まったばかりだ」〈藤村夜明け前
(多く「御新規」の形で)飲食店などで、新しい客。「御新規さんお二人御案内」
新しい規則。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android