コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リンディスファーン福音書 リンディスファーンふくいんしょLindisfarne Gospels

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リンディスファーン福音書
リンディスファーンふくいんしょ
Lindisfarne Gospels

698年にイングランド北部のノーサンブリア沖,リンディスファーン島 (ホーリー島) のリンディスファーン修道院で作られた精巧な挿絵のあるラテン語福音書。聖カスバート (635/7~687) を記念して,司教イードフリスが手写したことが 10世紀のあと書きで知られる。そのため「聖カスバートの福音書」とも呼ばれる。いわゆる初期アイルランド装飾写本の系列に属し,はなやかな装飾ページにはアイルランド的伝統が反映するが,写実的な福音書記者像などは,当時北方の諸島に及んだ地中海,ローマ的伝統との接触を証明している。大英図書館所蔵。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

リンディスファーン福音書の関連キーワードヒベルノ・サクソン様式アイルランド美術イギリス美術ダロウの書

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android