コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大祚栄 だいそえい Da-zuo-rong; Ta-tsu-jung

6件 の用語解説(大祚栄の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大祚栄
だいそえい
Da-zuo-rong; Ta-tsu-jung

[生]?
[没]719
渤海国の始祖(在位 699~719)。諡,高王。その出身については高句麗人説のほかに高句麗の支配下にあった靺鞨人説もあり,また父とされる乞乞仲象は大祚栄と同一人物との説もある。668年高句麗滅亡後,の高句麗遺民分散政策によって営州(今日の朝陽方面)に移されたが,696年その地の契丹族が唐に反乱を起こす機に乗じて,高句麗の遺民と靺鞨族を率いて東方に走り,唐の将軍楷固らを破って 698年東牟山(今日の敦化付近)に拠って城を築き王を自称,国号を震とした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

だい‐そえい【大祚栄】

[?~719]中国、渤海(ぼっかい)国の建国者。在位698~719。高句麗の遺民や靺鞨(まっかつ)族を統一して独立。震国王と称した。のち713年、によって渤海郡王に封じられた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

大祚栄【だいそえい】

渤海(ぼっかい)国の建国者。在位698年―719年。高句麗(こうくり)の遺民を率いて唐に反抗,現在の中国東北地方の東部に拠って698年自立,震国と号し王となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

だいそえい【大祚栄 Dà Zuò róng】

?‐719
渤海国の建国者。在位698‐719年。出身はツングース系靺鞨(まつかつ)人説と,高句麗遺民説とがある。高句麗滅亡(668)後,営州(遼寧省)に移されていたが,696年の契丹人李尽忠の反乱を機に東方に脱出して靺鞨族を統合し,唐の圧迫をはねのけて自立し,震国王と号した。のち唐が懐柔策に転換したので,朝貢関係をもつことになった。713年,唐から渤海郡王に封ぜられ,これより国を渤海と称するようになった。【愛宕 元】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

だいそえい【大祚栄】

?~719) 渤海ぼつかいの建国者。王号は高王。旧高句麗人・靺鞨まつかつ族を糾合して698年震国を建てたが、のち唐に入朝し渤海郡王に封ぜられた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大祚栄
だいそえい
(?―719)

渤海(ぼっかい)国の建国者(在位698~719)。諡号(しごう)は高王。高句麗(こうくり)滅亡後、その遺民の一部は唐によって営州地方に移されていたが、則天武后の登場、北方の強国突厥(とっけつ)の復興、契丹(きったん)の反乱などによって、唐の東北面支配に緩みが生じたすきに、彼らは故地へ向けて東走し、自立を図った。そして唐の追討軍との戦いを勝ち抜き、ようやく698年に建国を達成した。この唐からの独立戦争のときの英雄が乞四比羽(きっしひう)、大舎利乞乞仲象(だいしゃりきつきつちゅうしょう)、大祚栄らであるが、乞四比羽は建国前に戦死した。仲象と祚栄はおそらく父子であろうが、あるいは同一人物かもしれない。大祚栄の出身については異論が多いが、かつての高句麗国時代から高句麗に帰化ないし同化していた靺鞨(まっかつ)人とみるのがもっとも妥当と思われる。則天武后後、唐と友好的関係に入ってからは唐制に倣った国づくりを目ざし、713年には玄宗(げんそう)から渤海郡王に封ぜられた。[森安孝夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の大祚栄の言及

【渤海】より

…7世紀末から10世紀初にかけて,現在の中国東北地方,朝鮮咸鏡道およびロシア沿海州にまたがって存在した国家。始祖は大祚栄(だいそえい)。高句麗人とも,その支配下にいた靺鞨(まつかつ)人ともいわれる。…

※「大祚栄」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大祚栄の関連キーワード階乗渤海楽NエヌN末端残基Diaz de la Peña,N.Gerhaert van Leyden,N.Jānībeg KhānJānībek KhānPoliteia tōn Romaiōn

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone