コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

渤海国 ぼっかいこく Bo-hai guo; Po-hai Kuo

2件 の用語解説(渤海国の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

渤海国
ぼっかいこく
Bo-hai guo; Po-hai Kuo

中国,東北地方 (旧満州) の南東部から朝鮮半島北部にかけて存在した国家 (698~926) 。高句麗が宝蔵王 27 (668) 年新羅と唐によって滅亡したとき,その遺民と靺鞨 (まっかつ) 族の一部は営州 (現,朝陽) に移されていたが,696 (唐の万歳通天1,新羅の孝昭王5) 年契丹 (きったん) の李尽忠が唐に反乱を起したとき,それを利用して高王1 (698) 年首長の大祚栄は独立して「震国 (振国) 」と称した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

渤海国

698年から926年まで現在の中国東北地方とロシア沿海地方、朝鮮半島北部にまたがる地域を領土とした国家(当初の国号は「震」)。「海東の盛国」と呼ばれたが、唐と新羅の連合軍に滅ぼされた高句麗(紀元前37〜668年)の遺民や現在の中国・満州族の祖先とされる靺かつ(まっかつ)などによる多民族国家だったため、契丹に滅ぼされた後に継いだ国はなく、自分たちで書いた歴史書も残っていない。「まぼろしの王国」とも呼ばれる。日本とは727年以降、使節の派遣などを通じ友好関係にあった。

(2006-05-28 朝日新聞 朝刊 3総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の渤海国の言及

【黒竜江[省]】より

…密生する森林中には野生動物が豊富であり,河川にも川マスをはじめ淡水魚が群をなして遡上してきていた。隋末・唐初靺鞨(まつかつ)諸部族により渤海国が長白山地区からロシアの沿海州,朝鮮北部にかけて建てられたが,渤海は唐の文化を吸収し,農業も手工業もかなりの水準に達した。本省北方の黒竜江以北の地域には黒水靺鞨が住み,ハルビン市から北西方の大興安嶺北部にかけては室韋がいた。…

※「渤海国」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

渤海国の関連キーワード黒竜江東三省東清鉄道渤海温突ツングース東北弁挹婁立直満州建国大学

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

渤海国の関連情報