コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リーク電流 りーくでんりゅうleakage current

知恵蔵の解説

リーク電流

微細化されたトランジスタでは、オフ状態でもリーク電流(漏れ電流)が流れるようになってきた。このリーク電流によって消費される電力がリーク電力で、動作時の電力の半分程度がリーク電力というLSIも出てきた。最近ではスタンバイ状態でも電流が漏れてしまい、携帯機器の電池寿命が短くなるといった問題が出てきたため、各種のリーク電力低減対策がとられている。

(荒川泰彦 東京大学教授 / 桜井貴康 東京大学教授 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

デジタル大辞泉の解説

リーク‐でんりゅう〔‐デンリウ〕【リーク電流】

leak current》電子回路上で本来絶縁されている部分から漏れ出す電流。また、そのような現象のこと。近年では、半導体集積回路の微細化が進んだことにより増加したトンネル効果が原因であることが多く、これを低減する研究が進められている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

リーク電流の関連キーワード低誘電率絶縁膜高誘電率絶縁膜ローケーハイケー

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android