沿岸流(読み)えんがんりゅう(英語表記)coastal current

百科事典マイペディアの解説

沿岸流【えんがんりゅう】

海岸線とほぼ平行に流れる,比較的安定した潮の流れ。流れの速さは海岸線の形状によって異なり,速いものでは毎秒1m以上にもなる。海岸の砂を一定方向に運搬する働きがあり,浜堤砂浜海岸海岸砂丘の形成に重要な役割を果たす。
→関連項目海岸地形砂嘴漂砂

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ダイビング用語集の解説

沿岸流

ロングショアカレント。岸に対して垂直ではなく、角度をもってが押し寄せてくるとき、その岸に沿って平行な 方向に起こる流れ。寄せてくる波が大きいほど、その波の岸に対する角度が大きいほど、さらに岸が切り立っているほど沿岸流は遠くなる。岸の近くでは流れは強く、では弱い。

出典 ダイビング情報ポータルサイト『ダイブネット』ダイビング用語集について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

えんがんりゅう【沿岸流 longshore current】

波が沖合から海岸線と斜めに押し寄せて砕ける場合に,特に砕波帯より岸側の水域に顕著に生じる,海岸にほぼ平行な比較的安定した流れ。波が高いほど流れは速く,毎秒数十cmから1m以上に達する。海岸の砂を長期間にわたり一方向に運搬する働きをもつので重要。なお,沖合数kmまでの沿岸海域の海岸に平行な海流潮流による流れ(海岸流coastal current)や,砕波帯内の波の作用による流れ一般(海浜流nearshore current,littoral current)を沿岸流とよぶこともある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

沿岸流
えんがんりゅう
coastal current

一般に海岸の磯波(いそなみ)帯に隣接する部分から、その沖合い数十キロメートル付近までの間にみられる、海岸線に平行に流れる海流をいう。沿岸流には、沖合いを流れる海流の一部やその支流、潮流、吹送流、河川水による局所的なものなど、さまざまな原因の流れが含まれ、流速も海峡付近の潮流のように5ノット以上の強流から、0.5ノットにも満たない微弱流まで広範にわたっている。沿岸流は、陸上から流入したり、沿岸域で生産される種々の物質(栄養塩類、魚卵、稚仔(ちし)、砂泥)や海氷等を輸送、混合、分散する働きをし、沿岸域の漁業、環境保全、船舶の航行などに多くの影響をもたらしている。

[長坂昂一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

えんがん‐りゅう ‥リウ【沿岸流】

〘名〙 海岸に沿って平行に流れる海水の表面流。磯波が海岸線に対していくぶん斜めになって進むために生ずる。砂嘴(さし)、砂州(さす)、沿岸州などを形成する原因となる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

野球の用語

アウトサイド・コーナー outside corner 打者から見て本塁上の遠い側。外角。和製英語ではアウトコーナーともいう。アシスト assist打者が打った球を捕球後にある塁に送球し走者の刺殺を間接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android