コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リーゼガングの環 リーゼガングのわ Liesegang ring

1件 の用語解説(リーゼガングの環の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

リーゼガングの環

1896年にリーゼガング(R. E. Liesegan)が,二クロム酸カリウムを含むゼラチンシート上に濃厚な硝酸銀溶液を落とすと,ニクロム酸銀の同心円状の周期的沈澱が生じることを見出した.その後類似の現象が広範囲に見つかり,この種の周期的沈澱をリーゼガング環と呼ぶようになった.この現象は周期的な拡散による沈澱で,試験管の中では連続した相を作り,平板の上では連続した環を作る.リーゼガング現象の助けを借りて,瑪瑙(めのう)の縞,砂岩の中の酸化鉄の錆,細粒汚泥や珪質堆積物の層理などの地質構造の説明がなされる.この現象の生成機構は現在まだ十分に解明されていない[Liesegang : 1913, Twenhofel : 1939, 長倉ほか : 1998].

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リーゼガングの環の関連キーワードカテプシンドリーブクンニリングスアナリーゼエリーゼのためにLリーグフリーゼリーゼガング現象セヴラックホローシュ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone