コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リーゼガング現象 Liesegang phenomenon

法則の辞典の解説

リーゼガング現象【Liesegang phenomenon】

クロム酸カリウムを含むゼラチン液をゲル化させ,中央に濃い硝酸銀溶液の一滴を垂らして放置すると,一連の環状をなした赤褐色のクロム酸銀の沈澱が周期的に生じる現象.このほかにも難溶性の沈澱生成時に周期的な析出がみられる現象を一括してこういう.

これは長いこと現象としてのみの興味しかもたれなかったが,最近流行の「自己組織化」の好例でもあり,また環の間隔が天文学で有名なティティウス・ボーデの法則*に従うことが見いだされたこともあって,原始太陽系のモデルともなる可能性も示唆されている.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

百科事典マイペディアの解説

リーゼガング現象【リーゼガングげんしょう】

電解質を溶かしたゲルに,この電解質と反応して沈殿を生ずるような他の電解質溶液を加えたとき,一定の間隔をおいて環状に沈殿層を生ずる現象。ドイツのリーゼガングR.E.Liesegang〔1869-1947〕が発見。たとえばクロム酸カリウムを溶かしたゼラチンゲルに硝酸銀水溶液を1滴たらすと,クロム酸銀の赤色沈殿が析出して環状の縞(しま)模様が現れる。自然界においても類似の現象は多くみられ,メノウの縞模様もこの例だともいわれる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

リーゼガングげんしょう【リーゼガング現象】

1896年ドイツのリーゼガングR.E.Liesegang(1869‐1947)は,生体組織試料を染色しているとき,少量の重クロム酸カリウムを含むゼラチンのシート上に濃い硝酸銀溶液を落とすと,硝酸銀が周囲に拡散し,重クロム酸銀が同心円状に沈殿することを見いだした。このような周期的沈殿現象をリーゼガング現象と呼ぶ。また,このような沈殿層が環状を呈するので,一般にリーゼガング環Liesegang ringとも呼ばれている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

リーゼガング現象の関連キーワードリーゼガングの環ボーデの法則スペース則

今日のキーワード

ICT

情報・通信に関する技術の総称。従来から使われている「IT(Information Technology)」に代わる言葉として使われている。海外では、ITよりICTのほうが一般的である。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android