コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リードソロモン符号 リードソロモンフゴウ

デジタル大辞泉の解説

リードソロモン‐ふごう〔‐フガウ〕【リードソロモン符号】

Reed-Solomon code》デジタルデータの送受信や記憶媒体の書き込みに用いられる誤り訂正符号の一。1960年にリード(I.Reed)とソロモン(G.Solomon)によって考案された。複雑なアルゴリズムを必要とするが、誤り訂正の能力が高く、バースト誤りのような連続した複数ビットの訂正にも強い。RS符号

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

リードソロモン符号の関連キーワード符号誤り

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android