コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リード リードRead, George

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リード
Read, George

[生]1733.9.18. メリーランドセシル
[没]1798.9.21. デラウェア,ニューカッスル
アメリカ独立革命期の政治家。独立宣言署名者の一人。デラウェア植民地で法律家として活躍。大陸会議代表 (1774~77) 。 1776年デラウェア新憲法を起草,その批准会議議長をつとめた。 87年合衆国憲法制定会議代表として小州のために努力。 89~91年連邦上院議員。 93年以後はデラウェア州最高裁判所長官。

リード
Read, Sir Herbert

[生]1893.12.4. ヨークシャー,カービームーアサイド
[没]1968.6.12. モールトン
イギリスの詩人芸術評論家。銀行勤めののちリーズ大学に入学。第1次世界大戦に従軍,戦後ビクトリア・アンド・アルバート美術館に勤務し,美術批評を始めた。 1931年エディンバラ大学教授,53~54年ハーバード大学教授。詩人として出発し,『裸の戦士』 Naked Warriors (1919) 以下の詩集を出すかたわら,『ワーズワス』 Wordsworth (30) ,『感情の真実の声』 The True Voice of Feeling (53) などの評論ロマン主義研究に新生面を開いた。美術批評,芸術学の領域ではフロイト,ユング,ウォリンガーの影響を受け,美学的にはクローチェの影響を受けたが,インダストリアル・デザインや芸術教育の領域をも含めて造形美術全般にわたってすぐれた研究を示している。主著『芸術の意味』 The Meaning of Art (31) ,『芸術と社会』 Art and Society (36) ,『詩とアナーキズム』 Poetry and Anarchism (38) ,『芸術による教育』 Education Through Art (43) ,『モダン・アートの哲学』 The Philosophy of Modern Art (52) ,『イコンとイデア』 Icon and Idea (55) 。

リード
Reade, Charles

[生]1814.6.8. オックスフォードシャー,イプスデン
[没]1884.4.11. ロンドン
イギリスの小説家。オックスフォード大学,次いで法学院に学ぶ。熱心な社会改革論者であり,『仮面と素顔』 Masks and Faces (1852) などの劇作ののち,『改むるにはばかるなかれ』 It Is Never Too Late to Mend (56) ,『現金』 Hard Cash (63) ,『反則』 Foul Play (69) ,『彼に代われ』 Put Yourself in His Place (70) などのプロパガンダ小説を書いた。代表作は,エラスムスの父を主人公にした歴史小説『僧院と家庭』 The Cloister and the Hearth (61) 。

リード
Reed, Sir Carol

[生]1906.12.30. ロンドン
[没]1976.4.25. ロンドン
イギリスの映画監督。 1936年以後ドキュメンタリー作品を手がけていたが,第2次世界大戦後はサスペンス,ミステリー物が多い。イギリス・ドキュメンタリーの伝統とヒッチコックサスペンス・ミステリーを継いだ作風が特徴。主作品『邪魔者は殺せ』 Odd Man Out (1947) ,『落ちた偶像』 The Fallen Idol (48) ,『第三の男』 The Third Man (49) ,『オリバー!』 Oliver! (68,アカデミー監督賞) 。

リード
Reed, John

[生]1887.10.22. オレゴン,ポートランド
[没]1920.10.19. モスクワ
アメリカのジャーナリスト,社会主義者。ハーバード大学卒業後,1917年に左翼系雑誌『マッセズ』の編集員となってから社会主義への道を歩み始め,メキシコ革命や第1次世界大戦で優れた報道活動を行なった。 1917年ロシアに入り,十月革命をつぶさに目撃,ルポルタージュ文学の傑作『世界をゆるがした十日間』 Ten Days that Shook the World (1919) を生んだ。レーニンの友人となり,アメリカ共産党の結成に携わったが,アメリカでは歓迎されず,旅行中チフスに感染してモスクワで急死。遺体はレーニンらの哀悼のうちにクレムリンに埋葬された。死後アメリカ各地に左翼の作家,芸術家の団体「ジョン・リード・クラブ」が結成された。

リード
Reed, Joseph

[生]1741.8.27. ニュージャージートレントン
[没]1785.3.5. フィラデルフィア
アメリカの軍人,政治家。初めフィラデルフィアで法律家となった。 1774年同市通信連絡委員会メンバーとなり,イギリスとの和解派から独立派へ移行。 G.ワシントン大陸会議で総司令官に任命されるとその副官として活躍。 77~78年大陸会議代表,78~81年ペンシルバニア行政会議議長。

リード
Reed, Thomas Brackett

[生]1839.10.18. メーン,ポートランド
[没]1902.12.7. ワシントンD.C.
アメリカの政治家。 1865年よりポートランドで弁護士を開業し,68年メーン州下院議員となる。 70年同州上院議員。 77年共和党から連邦下院に初当選。以来 99年まで連邦下院議員をつとめた。 86~89年共和党院内総務,89~91,95~99年連邦下院議長。多数党による議会運営,委員会制度の拡充など下院の議事運営について数多くの重要な改革を実施した。多くの反対を押切って改革を推進したため「皇帝リード」とあだ名された。 99年キューバとハワイに対する膨張政策に反対し共和党を離れ,ニューヨークに戻って弁護士業と著述に専念した。

リード
Reed, Walter

[生]1851.9.13. アメリカ,バージニア,ベルロイ
[没]1902.11.23. アメリカ,ワシントンD.C.
アメリカの陸軍軍医。メソジスト派牧師の子に生れ,1870年ベルビュー医科大学で学位を取得。 75年軍医となり細菌学を研究,93年少佐でワシントンの陸軍軍医学校教授。 98年のアメリカ=スペイン戦争の際には腸チフス防疫団の委員となり,次いで 1900年キューバで黄熱が流行したため,調査団長として現地におもむき,従来の細菌感染説を否定,団員 J.ラジア自己犠牲による実験でカで伝播されることを証明し,黄熱の防疫法を確立した。また 01年には磁器ろ過器を通る病原の存在を発見した。その業績をたたえて,ワシントン D.C.にウォルター・リード陸軍病院が設立された。

リード
Reid, Thomas

[生]1710.4.26. ストラチャン
[没]1796.10.7. グラスゴー
イギリスの哲学者,常識哲学創始者。アバディーン大学の道徳哲学教授を経て,1764年 A.スミスの跡を継いでグラスゴー大学教授。ロックやバークリーの影響を受け認識批判から出発し,特にヒュームの認識論を研究。主著『常識の原理に基づく人間精神の研究』 Inquiry into the Human Mind on the Principles of Common Sense (1764) 。

リード
Reid, Thomas Mayne

[生]1818
[没]1883
アイルランド出身のイギリスの小説家。代表作『首のない騎手』 The Headless Horseman (1866) 。

リード
Reid, Whitelaw

[生]1837.10.27. オハイオ
[没]1912.12.15. ロンドン
アメリカのジャーナリスト,外交官。南北戦争および戦後の南部の報告『戦後』 After the War (1866) を著わした。『ニューヨーク・トリビューン』紙などの編集主幹をつとめ (1872~1905) ,イギリス大使にも任じられた (1905~12) 。

リード
Ried, Benedikt

[生]1454
[没]1534
チェコスロバキアの建築家。ボヘミア地方,特にプラハを中心に活躍し,後期ゴシック様式の建築物を多く手がけた。主作品はブラチスラバ・ホール (1493~1502) 。

リード
Lead

アメリカ合衆国,サウスダコタ州西部の町。ブラックヒルズ (山地) 北部に位置し,1876年金鉱の発見によってできた町。世界最大の金鉱の一つであるホームステーク鉱山がある。採鉱とそれに関連した産業を主とし,牧畜林業,観光などが市の経済に貢献している。人口 3632 (1990) 。

リード
Reed, Willis

[生]1942.6.25. ルイジアナ,ハイコ
アメリカ合衆国のバスケットボール選手,監督。グランブリング州立大学在学中の 1961年,全米大学バスケットボール選手権大会で優勝した。 1964年NBAニューヨーク・ニックスに入団。同 1964年に1試合平均 19.5得点を上げて最優秀新人賞を受賞。 1970年ニックスは NBAファイナルで優勝し,シーズン最優秀選手 MVP,ファイナル MVP,オールスターゲーム MVPを獲得,同一シーズンに三つのカテゴリーで MVPをとった最初の選手となった。生涯通算得点1万 2183点,リバウンド 8414本の記録を残し,1974年引退。 1977~79年ニックスの監督を務めた。 1982年ネイスミス記念バスケットボール殿堂入り。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

リード(Carol Reed)

[1906~1976]英国の映画監督。ドキュメンタリータッチの緊迫感あふれる作風で知られる。作「邪魔者は殺せ」「第三の男」など。

リード(Herbert Read)

[1893~1968]英国の詩人・批評家文芸批評・美術批評のほか、政治問題にも言及。詩集「戦いの終わり」、評論「芸術の意味」「芸術と社会」など。

リード(lead)

[名](スル)
うまくできるように相手を導くこと。また、先頭に立って集団を導くこと。「リードのうまい捕手」「団員をリードする」「流行をリードする」「時代をリードする」
競技・競走などで、相手に差をつけて優位に立つこと。「五馬身のリード」「赤組が3点リードしている」
野球で、走者が次の塁をうかがって塁から進み出ること。「リードが大きすぎる」
リレーで、前の選手からバトンを受け取るときにあらかじめ走っておくこと。
社交ダンスで、男性が、体重の移動や手のサインなどによって女性を導くこと。
クレー射撃で、標的の移動を計算に入れて、移動方向の先を撃つこと。狙い越し
カーリングで、1投目と2投目を担当する選手。
新聞・雑誌で、見出しの次におかれる、記事の内容を要約した文章。前文。前書き。
犬などに着ける引き綱。
10 電気の引き込み線。導線。
11 ねじを1回転したときに軸方向に進む距離。
12セールスリード

リード(read)

読むこと。また、コンピューターで、読み込むこと。

リード(reed)

リード楽器の発音源となる、アシ・竹・金属などでできた薄片。空気を吹きつけることによって振動させ音を出す。(した)。

リード(Thomas Reid)

[1710~1796]英国の哲学者常識学派スコットランド学派)の代表者の一人。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

リード

英国の詩人,批評家。《イギリス散文》(1928年),《感情の真正な声》(1953年)などの文学批評を書きながら,他方《芸術の意味》《芸術と社会》《芸術による教育》その他によって現代美術の理解のために活発な活動をした。

リード

英国の映画監督。1935年監督となり,《邪魔者は殺(け)せ》(1947年),《落ちた偶像》(1948年),O.ウェルズ主演で世界的ヒットになった《第三の男》(1949年),《文化果つるところ》(1951年)で知られる。
→関連項目メーソンロンドン・フィルム[会社]

リード

米国のジャーナリスト。社会主義的な雑誌《ザ・マッセズ》の編集に参加。第1次大戦中に特派員として渡欧,ロシアに入り十月革命を目撃して《世界をゆるがした10日間》を執筆

リード

アシ(葦)の意。そこから転じて気鳴楽器(楽器)を鳴らすための振動体のこと。空気を吹き込むと振動し,発音源となる。オーボエクラリネットなどではアシなどの茎を薄く削ったもの,(しょう),ハルモニウムなどでは金属片を使用。
→関連項目アウロスイングリッシュ・ホルン管楽器管子クルーアン・サーイケーンコントラファゴットサリュソホーンスルナイ電気楽器バッグパイプフラジョレットフルート木管楽器

リード

英国の哲学者。A.スミス後任のグラスゴー大学教授で,スコットランド学派(常識学派)の創始者。初めロックやバークリーの影響を受けたが,ヒュームが懐疑論に赴くに及び,経験論的立場を批判,真偽判定の根源的能力としての常識を基本原理とし,理性論的直覚説を主張した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

DBM用語辞典の解説

リード【lead】

注文や契約に至る前の手がかり、販売見込みのことをダイレクトマーケティングの世界でリードといっている。。例えば商品やサービスに関する問い合わせ、苦情、資料請求など、何らかの興味を示している購入の可能性を秘めた潜在的な顧客からの反応をリードという。

出典|(株)ジェリコ・コンサルティングDBM用語辞典について | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

リード

ホンダ(本田技研工業)が製造・販売したスクータータイプのオートバイのシリーズ。1980年代初めから2000年代初めにかけて生産された。

リード

ライオンが製造・販売する調理用品のブランド名。調理用タオルペーパー、冷凍保存用バッグ、ホイルペーパーなどの商品がある。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

リード

正式社名「株式会社リード」。英文社名「The Lead Co., Inc.」。輸送用機器製造業。昭和20年(1945)創業。同29年(1954)「岩崎鈑金工業株式会社」設立。同31年(1956)「岩崎電機産業株式会社」に改称。同37年(1962)現在の社名に変更。本社は埼玉県熊谷市弥藤吾。自動車部品メーカー。富士重工向け車両部品が中心。屋外照明器具など自社製品も生産。東京証券取引所第2部上場。証券コード6982。

リード

正式社名「株式会社リード」。英文社名「READ Co., Ltd.」。精密機器製造業。昭和48年(1973)創業。同49年(1974)設立。本社は横浜市西区みなとみらい。ダイヤモンド工具メーカー。磁気ヘッド半導体などの精密加工用ダイヤモンド工具を製造・販売。コンサルティングから開発・導入・保守まで一貫対応。

出典|講談社日本の企業がわかる事典2014-2015について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

リード【reed】

植物のアシ(蘆)の意。またそこから転じて気鳴楽器を鳴らすための振動体のこと。アシやダンチク(暖竹)などの茎には適当な弾力があり,これを加工した小薄片がある種の管楽器の音源に古くから用いられたが,素材の名である〈リード〉がいつか振動体の意味にもなり,材質と無関係に使うこともできる用語になったのである(たとえば金属製,合成樹脂製などの振動体もリードと呼んでいる)。諸型式のものがあるが,普通は管の入口に付けられていて気流の通過で振動し,気流にパルス状の断続を与える。

リード【Charles Reade】

1814‐84
イギリスの小説家。弁護士としての務めのかたわら,多くの長編小説を発表,一時はC.ディケンズに匹敵するほどの人気を集めた。監獄制度の改革を求めた《改心に手遅れなし》(1856)など,事実を克明に調査・集積し,それを小説に仕立てて社会の矛盾を改める世論を盛り上げようとした。今日でいう〈社会派セミ・ドキュメンタリー作家〉の先駆とでもいうべき存在であった。【小池 滋】

リード【Herbert Read】

1893‐1968
イギリスの詩人,批評家。ヨークシャーの農村に生まれ,リーズ大学を卒業し,第1次大戦に参加。この体験が詩集《裸の兵士》(1919),のちの《戦いの終り》(1933)として結晶している。詩風は,ロマン主義的な傾向を深く蔵しつつ,イマジズム的な断片のきらめきをもつ。批評家としては,当初T.S.エリオットの古典主義の影響が濃く,彼の季刊誌《クライティーリオン》に副編集長格として加わり,数多くの論文を寄稿,大半が《理性とロマン主義》(1926)としてまとまり,またT.E.ヒュームの遺稿《思索集》(1924)を編纂(へんさん)する。

リード【Jane Lead】

1623ころ‐1704
イギリスの神秘家。Leadeとも綴る。1670年未亡人となってから宗教生活に専心し,多くのビジョンを見続け,それを霊的日記のように書き留めた《庭の泉》(1696‐1700)など多数の著作がある。ベーメの影響を強く受け,神の叡智〈乙女ソフィア〉が重要な役割をはたすそのビジョンにもベーメの神智学が色濃く反映している。ポーディジJohn Pordage,ブロムリーCharles Bromley,リーFrancis Leeらと〈フィラデルフィア協会Philadelphian Society〉を設立し,非党派的な内なる教会の重要性を説き,また万物が(悪魔さえも)救われるという説を唱えた。

リード【John Reed】

1887‐1920
アメリカのジャーナリスト。オレゴン州ポートランドの富裕な家に生まれ,ハーバード大学在学中から社会主義に関心を持ち,卒業後ジャーナリズム界に入る。1913年から左翼文芸誌《ザ・マッセズ》の編集に参加,メキシコ革命や第1次大戦の報道で認められる。ロシアの十月革命を体験かつ支持し,《世界を揺るがした十日間》(1919)を書く。1919年にはアメリカ共産党を結成し,ロシアを再訪したが,同地客死,クレムリンに葬られた。

リード【Thomas Reid】

1710‐96
スコットランド学派の哲学者。アバディーン大学卒業後,《常識哲学の原理にもとづく人間精神研究》(1764)でA.スミスの後任としてグラスゴー大学道徳哲学教授となる。彼はヒュームの懐疑哲学の逆説を回避し論駁するため,〈知覚〉は外物を直接に認識しうるとしてロック,G.バークリーらの観念表象理論を退けたために,従来は,カント先験哲学の体系に圧倒されて必ずしも十分な評価を受けなかったが,20世紀になりG.E.ムーアの直観主義以来,改めて評価し直されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

リード【lead】

( 名 ) スル
先に立って導くこと。先導すること。 「部員をうまく-する」
競技や勝負事で、相手を引き離して優位に立つこと。また、引き離した量・得点など。 「前半は東軍が-していた」 「一艇身の-」
野球で、走者が盗塁・走塁に備えて塁を離れること。 「 -が大きい」
社交ダンスで、男性が手足や身体の動きで、女性を次のステップに導くこと。
新聞や雑誌で、記事の概要を書いた文。前書き。前文。
電気の引き込み線。導線。リード線。
ねじを一回転したときに進む距離。一条ねじではピッチと一致する。多条ねじではピッチの条数倍となる。
クレー射撃で、動いている標的の移動方向の前方に射撃すること。狙い越し。

リード【Lied】

リート

リード【reed】

〔植物アシの意〕
気鳴楽器の発音源となる舌状の小薄片。簧した。材質は葦あし・竹・木・金属など。空気流(息)により振動して音を発する。振動の際に舌がどこにも当たらないフリー-リード(ハーモニカ・アコーディオン・笙しようなど)と、周縁をたたくようにして振動するビーティング-リードに大別され、後者はさらにシングル-リード(単簧たんこう。クラリネットなど)とダブル-リード(複簧ふくこう。オーボエ・篳篥ひちりき・チャルメラなど)に分けられる。

リード【Herbert Edward Read】

1893~1968) イギリスの詩人・批評家。ロマン主義の色濃い文芸批評や社会性をもつ芸術批評をはじめ政治問題にも関心を寄せた。詩集「戦いの終わり」、評論「芸術の意味」、小説「緑の子」など。

リード【Reed】

〔Carol R.〕 (1906~1976) イギリスの映画監督。イギリス映画伝統のリアリズムを生かし、緊張感のある作品を作った。代表作「邪魔者は殺せ」「堕ちた偶像」「第三の男」
〔John R.〕 (1887~1920) アメリカのジャーナリスト。ロシアの十一月革命を体験、ルポルタージュの古典とされる「世界を揺るがした一〇日間」を残す。

リード【Thomas Reid】

1710~1796) イギリスの哲学者。スコットランド常識学派の創始者。ヒュームの懐疑主義を批判し、外界の実在などの根本原理を自明なものとして「常識の原理」と名付け擁護した。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

367日誕生日大事典の解説

リード

生年月日:1848年3月16日
イギリスの哲学者
1931年没

リード

生年月日:1806年6月30日
アメリカの法律家,外交官
1876年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

世界大百科事典内のリードの言及

【ダンチク】より

…白い斑入葉をもつ栽培品をセイヨウダンチクvar.versicolor Stokesという。 ダンチクの茎は非常に硬くなり,その光沢ある皮部はハンドバッグ等の編料にされたり,表皮下の厚壁組織の多い竹のような部分を削って作ったリードがクラリネットやサクソフォーンに一番適しているという(竹製のリードより道管が太く空気を通しやすい)。その他,琉球や中国南部では草ぶき屋根の材料とし,製紙料にもなりうる。…

【芸術教育】より

…古代ギリシア人にとって善と美とは原理的に同一のものと考えられ,それによって心身の調和のとれた理想的人間の形成をめざすカロカガティアkalokagathiaの思想による美的教育の考えがながくヨーロッパの精神形成史の底流をなしてきた。知育,徳育,体育とならんで美育という人間形成のしかたが昔から存在したように,教育課程全体を貫く編成原理として芸術が教育の基礎にならなければならないとする〈芸術による教育〉の思想などはこれであり,イギリスのH.リードらに代表される。この主張は,ある場合には,形式化した知育偏重,論理的教育への批判として提起され,また芸術の創造的機能のなかに記憶,想像,思考といった感性と知性の両面をふくむ形式陶冶的能力の伸長をもたらす存在として注目されたこともあった。…

【工芸】より

…美術の文様や様式を機械製品のデザインに応用したアプライド・アートの考え方なども,この間の混乱を物語る。広い視野のなかでいえば,W.モリスのアーツ・アンド・クラフツ・ムーブメントから,バウハウスの工芸教育,そしてH.リードの工業製品に関する著作まで,建築の分野とも関連しながら進められてきた近代ヨーロッパの工芸・デザイン運動は,〈機械生産のための新しい美的規準を考え出すこと〉(H.リード)がその目的であったといえよう。
[近代日本の工芸]
 〈工芸〉が漢語としてではなく,日本語として使われるようになったのは,明治になってからである。…

【ベーメ】より

…このためベーメの教えは,17~18世紀のドイツでは地下にもぐって敬虔主義の底流となり,またロシアでもおびただしいベーメの作品の翻訳がなされた。一方精神的に自由なオランダ,イギリスでは多くの有力な信奉者を見いだし,イギリスではJ.リードを指導者とするフィラデルフィア協会が設立され,ノンセクト,寛容を表明し,W.ロー,H.モア,W.ブレーク,コールリジ,そしてまたニュートンもベーメの影響を受けたといわれる。 ベーメの救済論は,神と魂との次元にとどまらず,神の誕生以前の〈混沌〉〈奈落の底〉へとさかのぼる壮大なビジョンに裏打ちされ,独特の官能的・絵画的・音楽的な文体によって,〈底なしの闇〉からの意志の誕生,しぶさ・にがさ・不安の輪などの欲の7段の梯子,ルキフェルの転落,宇宙の生成,アダムの栄光と悲惨,乙女ソフィアの逃亡,自然の汚染,第2のアダム・キリストの再臨,黄金時代への帰還という神の自己展開のマンダラが描かれている。…

【リップマン】より

…ユダヤ系ドイツ移民のひとりっ子としてニューヨークに生まれた。1906年ハーバード大学に入学(同級生に《世界をゆるがした10日間》の著者ジョン・リードがいた),哲学を勉強し,社会主義に傾いたが,10年5月哲学者サンタヤーナの助手を辞してジャーナリストへの道を踏み出す。7月からはマックレーカーズの代表格L.ステッフェンズの取材を手伝った。…

【イギリス経験論】より

…通常は,とくにロックG.バークリーD.ヒュームの3人によって展開されたイギリス哲学の主流的傾向をさすものと理解されている。通説としてのイギリス経験論のこうした系譜を初めて定式化したのは,いわゆる常識哲学の主導者T.リードの《コモン・センスの諸原理に基づく人間精神の探究》(1764)とされているが,それを,近代哲学史の基本的な構図の中に定着させたのは,19世紀後半以降のドイツの哲学史家,とりわけ新カント学派に属する哲学史家たちであった。とくに認識論的な関心からカント以前の近代哲学の整理を試みた彼らの手によって,ロック,バークリー,ヒュームと続くイギリス経験論の系譜は,デカルト,スピノザ,ライプニッツ,C.ウォルフらに代表される大陸合理論の系譜と競合しつつ,やがてカントの批判哲学のうちに止揚された認識論上の遺産として,固有の思想史的位置を与えられたからである。…

【スコットランド学派】より

…正式にはスコットランド常識哲学学派Scottish school of common senseという。〈存在とは知覚されることである〉とのバークリーによる物質否定の論証や,ヒュームによる因果観念の否定という懐疑的結論によって哲学一般の基盤,とりわけ既成の教会の教義に及ぼすこの種の帰結の脅威を感じたT.リードは,デカルトやロック以来の〈観念〉を軸とする認識批判の方法をしりぞけた。彼はそれゆえに意識的な推論過程に先行する本能的な判断の価値に注目して常識を擁護した。…

※「リード」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

リードの関連キーワードリズム・ギター[rhythm guitar]リード・オルガン[reed organ]リード(気鳴楽器の発音体)セッション (記録媒体)スピリット・センシティブスコットランド常識学派テルマティック泥炭プレマスターリング恐怖のパスポートフロントランナーコールドリードジミー・リード鍵盤ハーモニカ恐怖へのはしけ足踏みオルガンナーチャリングリードボーカルスカイティップアメリカ合衆国ウオームリード

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

リードの関連情報