コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リープフラウエン聖堂[トリール] リープフラウエンせいどう[トリール]Liebfrauenkirche, Trier

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リープフラウエン聖堂[トリール]
リープフラウエンせいどう[トリール]
Liebfrauenkirche, Trier

ドイツのトリールにある初期ゴシック様式の聖堂。建立は 1235~70年頃。ドイツ・ゴシック建築の最古の一例。トリール大聖堂の一部で,集合式聖堂の貴重な作例として知られるが,第2次世界大戦によって大きな被害を受けた。 1986年市内に現存するローマ時代の建築物群,大聖堂とともに世界遺産の文化遺産に登録。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android