コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リーベック角閃石 リーベックかくせんせきriebeckite

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リーベック角閃石
リーベックかくせんせき
riebeckite

曹閃石ともいう。 Na2(Fe2+)3(Fe3+)2Si8O22(OH,F)2 。鉄(II)をマグネシウム(II)が置換したものを,マグネシウム (あるいはマグネシオ) リーベック角閃石という。単斜晶系。黄,褐色,緑色の柱状結晶。比重 2.97~3.45,硬度5~6。熱変成作用を受けた石灰岩スカルン中に,またアルカリ火成岩類の熱水変質物として,あるいは火成岩中の鉱脈に産出する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

リーベック角閃石の関連キーワード藍閃石(データノート)斜方輝石普通角閃石コキンボ石セラドン石(データノート)透閃石(データノート)アクチノセン石(アクチノ閃石)カミングトンセン石(カミングトン閃石)クエン酸鉄アンモニウム

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android