コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リーン生産方式 リーンせいさんほうしきlean product system

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リーン生産方式
リーンせいさんほうしき
lean product system

マサチューセッツ工科大学の国際自動車問題研究計画で指摘されている無駄のないスリムな生産方式で,従来の大量生産方式に代わるもの。具体的には,トヨタなど日本の自動車メーカーで一般化しており,労働力,在庫,製品開発期間,工場スペースなど企業活動の中のあらゆるものをできるだけ少なく使い,欠陥を減らし,1車種当たりの生産量を少なくし,多様化する顧客ニーズに対応するシステムである。この方式によって,時間や労働力,開発期間を従来の半分以下に減らすことができるといわれている。自動車の生産現場から始まったが,今後製造業全体に波及していく見通しである。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

リーン生産方式の関連キーワード米国自動車メーカーの両面戦略マサチューセッツ工科大学リーン・スタートアップ

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

リーン生産方式の関連情報