コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルアヒワペトログリフ(英語表記)Luahiwa Petroglyph

世界の観光地名がわかる事典の解説

ルアヒワペトログリフ【ルアヒワペトログリフ】
Luahiwa Petroglyph

アメリカのハワイ州ラナイ島、ラナイシティよりフロポエビーチに向かう440号線を途中で東側に入ったところにある、ハワイ先住民の古代アート。◇「ペトログリフ」は、岩石・洞窟などに刻まれた、文字や岩絵。15~16世紀にかけて、南太平洋から入植してきたポリネシア系の人々によって彫られたものといわれ、乾いた気候と発見しにくい場所にあるため保存状態がよく、人間や動物、狩猟の様子などを描いた線がはっきり残っている。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ルアヒワ‐ペトログリフ(Luahiwa Petroglyph)

米国ハワイ州、ラナイ島内陸部にある岩絵。ラナイハレ山の中腹に位置する。15世紀頃のものとされ、数十もの岩に人・動物・カヌーなどが刻まれている。ハワイで見つかっている岩絵の中でも特に保存状態がよい。ルアヒワの石文字

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android