コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルアヒワペトログリフ ルアヒワペトログリフLuahiwa Petroglyph

世界の観光地名がわかる事典の解説

ルアヒワペトログリフ【ルアヒワペトログリフ】
Luahiwa Petroglyph

アメリカのハワイ州ラナイ島、ラナイシティよりフロポエビーチに向かう440号線を途中で東側に入ったところにある、ハワイ先住民の古代アート。◇「ペトログリフ」は、岩石・洞窟などに刻まれた、文字や岩絵。15~16世紀にかけて、南太平洋から入植してきたポリネシア系の人々によって彫られたものといわれ、乾いた気候と発見しにくい場所にあるため保存状態がよく、人間や動物、狩猟の様子などを描いた線がはっきり残っている。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ルアヒワ‐ペトログリフ(Luahiwa Petroglyph)

米国ハワイ州、ラナイ島内陸部にある岩絵。ラナイハレ山の中腹に位置する。15世紀頃のものとされ、数十もの岩に人・動物・カヌーなどが刻まれている。ハワイで見つかっている岩絵の中でも特に保存状態がよい。ルアヒワの石文字

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android