コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルアンプラバン王国 ルアンプラバンおうこく

1件 の用語解説(ルアンプラバン王国の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ルアンプラバンおうこく【ルアンプラバン王国】

ラオスの主要民族であるラオ族が14世紀に形成したラオス最初の王国。建国説話《クン・ブーホム》(または《クン・ボーロム》)では,ムアン・テーンの王クン・ブーホムの長子クン・ローがメコン川を下ってムアン・スワーにたどりつき,クン・ローから25代目のファーグム王が歴史上最初の王とされる。ファーグムはカンボジアから帰国して1353年ランサン(〈百万頭の象〉の意)王国の初代王となり,カンボジアから高僧とプラバン仏像を招来し,仏像の名にちなんで,都をルアンプラバンLuang Prabangと呼んだ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ルアンプラバン王国の関連キーワードピタゴラス学派ラオスラオ羅宇アギオスニコラオスアナパフサス修道院アギオスニコラオス修道院アギオスニコラオス要塞聖ニコラオス教会ミャオ族ラオ屋

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone