ルイセンコ説(読み)ルイセンコせつ(英語表記)Lysenko's theory

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ルイセンコ説
ルイセンコせつ
Lysenko's theory

ソ連の生物学者 T.ルイセンコが提唱した遺伝学説で,「遺伝子説」に対立する学説。生物体の遺伝性を規定するのは,固定的な遺伝子のようなものではなく,環境の変化により生物体の物質交代の変化が生殖細胞形成の過程に関与するときは遺伝的となるとし,遺伝の人為的支配が可能であるとした。コムギの播性の遺伝的転化,接木 (つぎき) 雑種などをもとに,メンデル=モーガン遺伝学の基礎を否定した。自説の拡張のため政治的な方策を利用するなどしたが,彼の遺伝学理論は現在ではまったく認められていない。ただし彼が初期 (1920年代) に打出した発育段階説は,のちの遺伝の理論とは異なり,一定の評価を得た。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android