コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

物質交代 ぶっしつこうたいmetabolism

翻訳|metabolism

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

物質交代
ぶっしつこうたい
metabolism

生物体内で行われる化学反応の総称。その大多数は酵素反応であり,反応の結果として生じる物質そのものが生体にとって重要な場合と,反応に際して解放されるエネルギーが重要な場合とに大別される。後者のようにエネルギーの側面から反応をみるときにはエネルギー交代の語を用いる。物質・エネルギー交代はそれぞれ物質・エネルギー代謝ともいう。両者を合せて単に代謝ということもあるが,単に交代と呼ぶ慣用はない。物質交代はさまざまな同化と異化の反応系列に整理してまとめられており,それぞれの系列には多くの代謝中間物質を含むことも多く,全体を総括して図示したものを代謝地図 metabolic mapという。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ぶっしつ‐こうたい〔‐カウタイ〕【物質交代】

物質代謝

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぶっしつこうたい【物質交代】

生命維持のために生体内で行われる物質の化学変化。食物として外界から摂取された物質は種々の合成や分解を経て、生体成分や生命活動のための物質およびエネルギー源となり、また不要物として排出される。新陳代謝。代謝。物質代謝。メタボリズム。 → 同化異化

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

物質交代
ぶっしつこうたい

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の物質交代の言及

【代謝】より

…地球上の各種生物が外界との密接なかかわりをもちつつ,しかも自己の生命を維持するために,必要なさまざまな活動を推進するための最も基本になる活動が代謝にほかならない。代謝には,エネルギー代謝,物質代謝(物質交代)という二つの用語に示されるように,エネルギーの獲得,利用と物質の変換が不可欠な活動である。言い換えると,代謝とは酵素の触媒作用に助けられて,生物の体内で絶えまなく営まれている各種の化学反応の総称ともいえる。…

※「物質交代」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

物質交代の関連キーワード先天性代謝異常メタボリズムルイセンコ説チロキシンシュウ酸調節酵素新陳代謝細菌学モノー睡眠生物

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android