コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルイ14世様式 ルイじゅうよんせいようしきLouis XIV style

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ルイ14世様式
ルイじゅうよんせいようしき
Louis XIV style

フランス王ルイ 14世時代の美術様式。フランスのバロック時代にあたる。バロック建築の導入はすでにルイ 13世時代に L.ル・ボーによって開始されていたが,ルイ 14世は 1661年,ル・ボーと造園家 A.ル・ノートルに命じてベルサイユ宮殿とその庭園を増築 (第1次,1661~65,第2次,68~71) し,さらに J.マンサールを用いて第3次増築 (78~88) を行い,この時代の代表作とした。ル・ボーは,そのほかパリのコレージュ・デ・カトル・ナシオン (61) を建て,マンサールはパリのオテル・デザンバリッドのドーム (80~1735) ,バンドームの広場 (1685) などを設計している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のルイ14世様式の言及

【バロック美術】より

…コルベールは織物,陶磁器,木工,金工の大工房を保護し,王立家具製作所(ゴブラン製作所)をル・ブランに指導させ,〈ルイ14世一代記〉などの豪華なタピスリー連作を作らせた。家具においても,ダイナミックな曲線様式を特色とするルイ14世様式が起こり,ファンタスティックなアラベスクやカルトゥーシュの奔放なデザインが,この時代の趣味を代表することとなった(ルイ王朝様式)。これらはいずれも,最初はイタリア人およびその様式が支配的であったが,しだいにフォンテンブロー派以来のフランス的優美さと洗練に向かい,18世紀に入るとともにロカイユに移行する。…

※「ルイ14世様式」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ルイ14世様式の関連キーワードルブラン(Charles Le Brun)オーストリア建築ヒルデブラントラルジリエールフランス美術ルイ王朝様式ロココ美術ルポートルトリアノンベランルボー

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android