ルカム(英語表記)rukam

世界大百科事典 第2版の解説

ルカム【rukam】

イイギリ科の常緑でとげのある果樹。高さ5~15mに達する。若木では枝,幹に長さ10cmに達する大きいとげが多数ある。枝はしばしば屈曲した木こぶを生ずる。葉は互生し,卵状楕円形または披針状長楕円形,薄い革質で長さ6~12cm,先端はとがり基部はくさび形ないし円形,縁にあらい鋸歯がある。通常は雌雄異株で,小さな花は腋生(えきせい)の短い総状花序に少数つき,淡黄緑色。核果は液果状で球形または倒卵形,直径1~2cm。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android