ルキウス(3世)(読み)るきうす(英語表記)Lucius Ⅲ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ルキウス(3世)
るきうす
Lucius
(?―1185)

ローマ教皇(在位1181~85)。ルッカの出身で本名ウバルド・アルチンゴリUbaldo Allucingoli。在位中ローマ市民の敵意に直面し、他方皇帝フリードリヒ1世(赤髯(あかひげ)王)と対抗した。1184年、皇帝との協議の産物たるベロナ勅令は、ワルドー派、アルノルド派以下一連の異端問題の重大性を指摘し、異端鎮圧における世俗権力の協力を義務づけたもので、以後の異端対策の基本方針となった。[渡辺昌美]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

4低男子

女性が結婚相手に望む理想の男性像の一つ。「4低」は、女性に対して威圧的な態度を取らない「低姿勢」、家事や子育てを分担して妻に依存しない「低依存」、堅実な仕事に就きリストラに遭うリスクが少ない「低リスク...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android