コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルクレティア Lucretia

2件 の用語解説(ルクレティアの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ルクレティア【Lucretia】

前510年ごろ没したとされる,古代ローマの伝説上の貞女。伝説によれば彼女はタルクイニウス・コラティヌスの美貌の妻であったが,ローマ王タルクイニウス・スペルブスの子セクストゥスに強姦され,親族に復讐を託して自害した。彼女の死は王一族の暴政に対するローマ市民の憎悪をかきたて,彼らは蜂起して王を追放し,共和政を樹立したと伝えられる(前509)。彼女の悲劇そのものは史実とは認められない。【平田 隆一】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ルクレティア
るくれてぃあ
Lucretia

古代ローマの伝説上の人物。タルクィニウス・コラティヌスの貞淑な妻であったが、ローマ王タルクィニウス・スペルブスの息子に陵辱され、自殺した。この事件は、王の暴君ぶりと相まって市民の武装蜂起(ほうき)を招き、王は追放されて共和政が樹立される契機となった、と伝えられている。彼女の悲劇的な死は、ヨーロッパの美術・文学作品の格好の題材となった。[田村 孝]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ルクレティアの関連キーワードグラックススキピオスンガリディアローマ数字ローマ風呂古代ローマ帝国ローマンブリテン古代ローマの航跡をたどれ古代ローマ人の格言

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone