コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルソン海峡 ルソンかいきょうLuzon Strait

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ルソン海峡
ルソンかいきょう
Luzon Strait

タイワン (台湾) とフィリピンルソン島との間にある海峡。太平洋と南シナ海を結ぶ。バタン諸島とバブヤン諸島によって,北からバシー海峡バリンタン海峡バブヤン海峡に3分される。航行船舶はバシー海峡が最も多い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ルソン‐かいきょう〔‐カイケフ〕【ルソン海峡】

Luzon Strait》フィリピンと台湾の間にある海峡の総称。太平洋(フィリピン海)と南シナ海を結ぶ。幅約250キロメートル。ルソン島北端とバブヤン諸島間のバブヤン海峡、バブヤン諸島とバタン諸島間のバリンタン海峡、バタン諸島と台湾南端のバシー海峡で構成される。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ルソンかいきょう【ルソン海峡 Luzon Strait】

フィリピンのルソン島と台湾の間の幅約350kmに及ぶ大海峡。この間にバタン諸島とバブヤン諸島が横たわり,北からそれぞれバシー海峡Bashi Channel(台湾とバタン諸島の間),バリンタン海峡Balintang Channel(バタン諸島とバブヤン諸島の間),バブヤン海峡Babuyan Channel(バブヤン諸島とルソン島の間)の3海峡が走る。ルソン海峡はこれら3海峡の総称である。【梅原 弘光】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ルソン海峡
るそんかいきょう
Luzon Strait

フィリピン北部、ルソン島北端と台湾南端との間にある海峡の総称。太平洋と南シナ海とを結ぶ水路となっている。具体的には、ルソン島北岸とバブヤン諸島間のバブヤン海峡、バブヤン諸島北部とバタン諸島間のバリタン海峡、バタン諸島北部と台湾南端の間のバシー海峡の三海峡からなる。[別技篤彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ルソン海峡の関連キーワードルソン[島]

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android