ルドニツキ(読み)るどにつき(英語表記)Adolf Rudnicki

  • 1912―1990

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ポーランドの小説家。『どぶねずみ』(1932)でデビュー。また『愛されぬ女』(1937)は、人間の内面的葛藤(かっとう)を美しい筆致で描いた傑作である。第二次世界大戦中はワルシャワで地下活動を行い、1944年のワルシャワ蜂起(ほうき)にも加わった。戦後、短編集『生ける海、死せる海』(1952)などに収録されたポーランドにおけるユダヤ人の悲劇をテーマにした数多くの作品を発表、叙情的自然主義の作家と評された。ほかに、エッセイ集『青いカード』(1956~67)、地下出版された評論『百年前ドストエフスキーが死んだ』(1984)などがある。

[吉上昭三・長谷見一雄]

『尾崎義・木村彰一編『世界短篇文学全集10 北欧・東欧文学』(1963・集英社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android