ルドラ(英語表記)Rudra

世界大百科事典 第2版の解説

ルドラ【Rudra】

インド最古の聖典《リグ・ベーダ》における暴風神。〈咆哮者〉の意。ルドラは雨をもたらし,豊穣と人々の健康・安寧を保障する。彼はマルト神群の父であるが,アスラ(阿修羅(あしゆら))と呼ばれ,恐ろしい弓矢によって人々を殺害する一方,その反面ではこよなく恵み深い神となる。後期ベーダ文献では,彼は悪魔の住む三つの城塞を一矢でもって破壊したとされる。後代のヒンドゥー教では,ルドラはシバ神と完全に同一視されるようになった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のルドラの言及

【インド神話】より

…ブラーフマナ文献中にはまた,祭式の解釈と関連して,かなりまとまった形の神話が散見される。例えば,人祖マヌと大洪水の伝説,天女ウルバシー伝説,山の翼を切ったインドラの話,悪魔の住む三都を破壊するルドラ(シバ)神の話などは,後代のヒンドゥー教の神話,文学に多大な影響を与えた。
【ヒンドゥー教の神話】
 ヒンドゥー教の代表的な文献は,二大叙事詩《マハーバーラタ》と《ラーマーヤナ》である。…

※「ルドラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android