ルドルフ フィッティヒ(英語表記)Rudolf Fittig

20世紀西洋人名事典の解説

ルドルフ フィッティヒ
Rudolf Fittig


1835.12.6 - 1910.11.19
ドイツの有機化学者。
元・ストラスブルク大学教授。
ハンブルク生まれ。
ゲッチンゲン大学で学び、ウェーラーとリンプリヒトに化学を師事、1869年チュービンゲン大学教授、1876年ストラスブルク大学教授を歴任。有機合成化学の実験を積み重ね、ピナコン(1859年)、ディフェニル(1862年)、トルエン(1864年)、メシチレン(1866年)、フェナントレン(1872年)、クマロン(1883年)等を発見。ベンゼンから芳香族炭化水素を合成するときの有効な反応「フィッティヒ反応」でよく知られる。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

ルドルフ フィッティヒ

生年月日:1835年12月6日
ドイツの化学者
1910年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android