コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルドルフ・E. パイエルス Rudolf Ernst Peierls

20世紀西洋人名事典の解説

ルドルフ・E. パイエルス
Rudolf Ernst Peierls


1907 -
英国の理論物理学者。
バーミンガム大学数理物理学教授,ワシントン大学物理学教授。
ベルリン生まれ。
ゾンマーフェルト、ハンゼンベルク、パウリに師事し、1932年ロックフェラー特別研究所員となる。’37年バーミンガム大学数理物理学教授を経て、’43年米国で原爆開発計画に従事し、’63年オックスフォード大学教授を経て、’74年ワシントン大学教授となる。固体量子論の確立に貢献し、パイエルス転移や原子核論など量子論と核物理学の分野に優れた業績を残す。’59年ロイヤル・メダル、’63年にマックス・プランク・メダルを受賞、さらに’80年にはエンリコ・フェルミ賞を受賞する。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

ルドルフ・E. パイエルスの関連キーワード[各個指定]工芸技術部門複成片麻岩内褶曲カラジアーレウェブスター(Ben Webster)久原躬弦ゴーリキー(Maksim Gor'kiy)西園寺公望内閣柴田桂太新派劇ドキュメンタリー映画

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android