コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルナオービター Lunar Orbiter

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ルナオービター
Lunar Orbiter

アメリカ航空宇宙局が 1966~67年に打上げた無人の一連の月探査機レンジャー計画に続くもので,孫衛星となってを回り続け,多くの月面写真を撮影,月の詳細な地図をつくるのを目的とした。ルナオービター1号は,66年8月打上げられ,アメリカ最初の孫衛星となり,広角と狭角のカメラで,広範囲の月面写真を撮った。同年 11月打上げられた2号は,近月点を 34kmまで下げ,コペルニクス山などを撮影。続く 67年2月の3号,同年5月の4号,同年8月の5号により月面の 99%までの鮮明な写真撮影に成功。これをもとに正確な月の地図をつくり,アポロ宇宙船の月着陸点を決めるのにも大きな役割を果した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ルナオービターの関連キーワードアメリカ航空宇宙局ジェット推進研究所月ロケットレンジャー宇宙探査アトラスマスコン晴の海東の海

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android