コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

孫衛星 まごえいせいgrandchild satellite

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

孫衛星
まごえいせい
grandchild satellite

月を回る人工衛星のことをいう。地球子供,その月を回る衛星は子供の子供にあたるというので,この名がある。ソ連の月探査機ルナや,アメリカルナオービターのなかには,この孫衛星になったものがいくつかある。この衛星軌道上を飛行して,撮影した写真により月面の詳細な地図がつくられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

まご‐えいせい〔‐ヱイセイ〕【孫衛星】

衛星のまわりを周回する天体。主星である衛星のほか、その衛星の主星である惑星恒星の重力の影響を強く受けるため安定が難しく、現在まで発見されていない。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

孫衛星の関連キーワードハイブリッド軌道月(衛星)アポロ8号月飛行軌道人工天体はごろも飛天

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android