コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルハン Luján

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ルハン
Luján

アルゼンチン中部,ブエノスアイレス州北東部の都市。首都ブエノスアイレスの西約 60km,ルハン川にのぞむ。 1630年アルゼンチンの守護聖人ルハンの聖母の彫像が聖堂から聖堂へ運ばれていたとき,ある場所で動かなくなるという奇跡が起ったといわれ,それを記念して聖堂が建てられ,そのまわりに形成された集落が市の始りである。当時の聖堂と聖母像は現在は新ゴシック様式のバシリカによっておおわれているが,毎年5月の聖母の聖日には全国各地から巡礼者が集る。市内には植民地・歴史博物館がある。首都と鉄道,道路で連絡。人口4万 8377 (1980) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ルハン(Luján)

アルゼンチン、ブエノスアイレスの北西約65キロメートルにある町。アルゼンチンの守護聖母サンタマリア‐デ‐ルハンを祭った大聖堂があり、巡礼地として知られる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

ルハンの関連キーワードダブラブラハンセラシエ教会オルハンガーズィジャーミーダブレベルハンセラシエ教会アルハンゲリスキー寺院オルハンガーズィモスクウォロシーロフグラードボロシーロフグラードランゲルハンス島ペルボマイスキーボウケンブラックサンフェルナンド膵臓ポリペプチドアルハンブラ宮殿ツェツェルレグソマトスタチンインスリノーマヘネラリーフェマテハン機器ナスル朝宮殿アルバイシン

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ルハンの関連情報