コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルパット島 ルパットトウ

デジタル大辞泉の解説

ルパット‐とう〔‐タウ〕【ルパット島】

Pulau Rupat》インドネシア西部、スマトラ島東岸沖の島。マラッカ海峡南部に位置し、スマトラ島とは狭い水道で隔てられ、港湾都市ドゥマイと相対する。中心地は南岸のバトウパンジャン。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ルパット島
るぱっととう
Rupat

インドネシア西部、スマトラ島東岸沖、マラッカ海峡南部の島。スマトラ島本土とはルパット水道によって隔てられる。円形状で、マングローブが繁茂する低湿な島である。住民はマレー系種族が大部分を占めており、漁業とサゴヤシ栽培に従事する。南岸に中心地バトウパンジャンの集落がある。[上野福男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ルパット島の関連キーワードリアウ州

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android