ルフィニャック(英語表記)Rouffignac

世界大百科事典 第2版の解説

ルフィニャック【Rouffignac】

フランス南西部,ドルドーニュ県の村。人口約1600。旧石器時代の洞窟遺跡がある。壁画は1956年にフランスのヌジエL.Nougierが発見し,その真偽をめぐってブルイユ派とブランS.Blanc派との間で論争がおこった。黒の単色または線刻でマンモス,サイ,馬,ヤギ,ビゾンがあらわされ,いずれもマドレーヌ期のもので,とくに粗略に描かれた黒のデッサンはマドレーヌ期初期に属する。【木村 重信

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android