コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルレー Jean Leray

世界大百科事典 第2版の解説

ルレー【Jean Leray】

1906‐1998
フランスの数学者。ナントに生まれ,エコール・ノルマル・シュペリウールを卒業した。1936年にナンシー大学教授,41年にパリ大学教授となり,47年からはコレージュ・ド・フランス教授。関数方程式の研究者で,流体力学における数学的問題,微分作用素基本解関数空間における不動点指数の理論に関する業績は有名である。とくに不動点指数の理論に関して導入した手法は非常に一般的で,係数のコホモロジー論やファイバー空間におけるスペクトル系列の理論に発展して,位相幾何学代数幾何学ホモロジー代数多変数関数論などで用いられ,数学の発展に大きく貢献した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のルレーの言及

【関数解析学】より

…この考えによりG.D.バーコフとケロッグO.D.Kellog(1878‐1932)は,微分方程式の解の存在を,バナッハ空間における(必ずしも線形でない)完全連続作用素の不動点定理として証明した。このような考え方は,シャウダーJ.P.Schauder(1899‐1943),ルレーJ.Leray(1906‐ )らによって,偏微分方程式の解の存在証明にも拡張された。
[線形作用素の半群]
 バナッハ空間XからXへの有界線形作用素の族{Ttt≧0}があって,(a)TtTsTts(半群性),(b)T0I(恒等作用素),(c)任意のxXに対して(連続性)を満たすとき,{Ttt≧0}を1パラメーター半群または単に半群と呼ぶ。…

【層】より

…もともとは,1940年代後半に岡潔が多変数関数論の研究の中で,現在の前層にあたるものを利用した。岡はそれを不定域イデアルと呼んだが,他方同じころ,これとは独立にルレーJ.Leray(1906‐ )が同様なものを考えた。その直後,H.カルタンらが層の一般論を展開し,多変数関数論に有効に利用した。…

【関数解析学】より

…この考えによりG.D.バーコフとケロッグO.D.Kellog(1878‐1932)は,微分方程式の解の存在を,バナッハ空間における(必ずしも線形でない)完全連続作用素の不動点定理として証明した。このような考え方は,シャウダーJ.P.Schauder(1899‐1943),ルレーJ.Leray(1906‐ )らによって,偏微分方程式の解の存在証明にも拡張された。
[線形作用素の半群]
 バナッハ空間XからXへの有界線形作用素の族{Ttt≧0}があって,(a)TtTsTts(半群性),(b)T0I(恒等作用素),(c)任意のxXに対して(連続性)を満たすとき,{Ttt≧0}を1パラメーター半群または単に半群と呼ぶ。…

【層】より

…もともとは,1940年代後半に岡潔が多変数関数論の研究の中で,現在の前層にあたるものを利用した。岡はそれを不定域イデアルと呼んだが,他方同じころ,これとは独立にルレーJ.Leray(1906‐ )が同様なものを考えた。その直後,H.カルタンらが層の一般論を展開し,多変数関数論に有効に利用した。…

※「ルレー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ルレーの関連キーワードカニング(George Canning)クロスレート(Cross Rate)マレー(David Murray)無担保コールレートオーバーナイト物無担保コールレート翌日物アーネスト ドラエーニルスのふしぎな旅サンプリング周波数ゴーオンブラックG. ヌーヴォーイリュミナシオンモータースポーツラーゲルレーヴハンス ライプコルビエールロードレースコールレートパドルボードハーフレートヴェルレーヌ

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android